ワルツを踊れ聴いてる

最近急に音の聴こえ方が変わってビックリしてる。同時に鳴っている楽器が分かれて聴こえる。こんなにたくさんの楽器が鳴ってたのか、と聴き慣れた曲もどこか新鮮に感じられて嬉しくなる。何かトレーニングをしてたわけでもない。のほほんと暮らしてたのにこんな急に変わることってあるのか。23歳という年齢的に、人間の身体能力の成熟期なのかな、とか雑に思ってる。

今のこの状態で聴く、くるりの「ワルツを踊れ」が感動的に良くて、オケ、エレキギター、アコギ、コーラス全体としての調和を感じる。これまで音楽を聴くときリズムと音色にしか興味なかったと思う。聴こえ方が変わってから急にメロディに興味出てきて、こんな急に変わることってあるんだって思って、自分のことなのにおかしい感じがする。