ナンバーガール復活に寄せて

※これはオタク文です。早口のくぐもった声で脳内再生してください。


今日の話題といえばナンバーガール復活に尽きる。復活とか絶対にないバンドだと思われていたのでみんなザワザワしていましたね。

個人的には嬉しさ半分、復活してほしくなかった半分……。ラストライブの音源「サッポロ OMOIDE IN MY HEAD 状態」が好きなファンなら同意してくれ。

OMOIDE IN MY HEAD (LAST LIVE AT SAPPORO サッポロ OMOIDE IN MY HEAD状態)

OMOIDE IN MY HEAD (LAST LIVE AT SAPPORO サッポロ OMOIDE IN MY HEAD状態)

ラストライブ終盤、YOUNG GIRL 17 SEXUALLY KNOWINGの前のMCで向井さんが「今日はアンコールはございません」て言ったあと客が「えーなんでー」って言うところ。あそこぶち切れポイントじゃないですか。何百回も聴いたけど何百回でも白目になるじゃないですか。ラストライブでアンコールあるわけないやろー!すっぱりやり切って終わる潔さがナンバーガールらしいんやろ!!!って思うじゃないですか。範馬勇次郎がその場にいたら「上等な料理にハチミツをブチまけるがごとき思想!!」って言って客は殺されると思う。解散したあとから知った若者の自分だからそういう感想になるのかな。

2014年7月号ギターマガジン(ナンバーガール特集)で向井さん本人も「たとえ再結成しても前と同じには絶対にならないでしょうね」っていってたし、実際最近のzazenboysを見ててもずいぶん声が変わったなと思う。調子よくいったとしても、着地点は、昔とは違った良さ、とかになってしまうだろうし、だとするとそれは2002年11月30日札幌PENNY LANEからの地続きなものなのか。


まあこんなこといいつつナンバーガール大好きなのでどうせRSR見に行くと思う。レジェンドならこの程度の不安は吹き飛ばしてくれると信じています!