人におすすめするためにマンガ買ってる

たいていのマンガはWebやアプリで読めてしまうので単行本はめったに買わない派。ただ、面白いマンガはみんなにも読んでほしいと思って、部室に置くためにわざわざ買っている。

これだけだとただ損してるだけみたいだけど、置いておくと読んだ人が「これ面白かったよ」とか、さらには内容の感想などについてまで話をしてくれるチャンスがある。

オタクなので好きなものの話をするのがめちゃくちゃ好き。ただめったに趣味が合う人はいないので、このように自らチャンスを生み出すための運動が必要。

音楽では同じことやって全くダメだったから、漫画で成功して「よかったなぁ」と思っている。「ブルーピリオド」と「左ききのエレン」みんな読んでね。